日本脳腫瘍病理学会

The Japan Society of Brain Tumor Pathology

理事長による学会の説明とご挨拶

 この度、前理事長河本圭司先生の後任として、新理事長に指名され就任いたしました。このような歴史ある学会の理事長にご指名戴きましたことは大変光栄なことと存じますとともに、その責任の重大さに改めて身の引き締まる思いでございます。今後、本学会発展のため誠心誠意努力いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

 本会は、1982年にウィーンで開催された国際神経病理学会開催中に、石田陽一先生(当時:群馬大学医学部病理学講座教授)の下、景山直樹先生(当時:名古屋大学医学部脳神経外科講座教授)、吉田純先生(当時:名古屋大学医学部脳神経外科講座助手)、河本圭司先生(当時:関西医科大学脳神経外科講師)等を中心としてその骨子が産み出され、翌1983年に石田陽一会長(当時:群馬大学医学部病理学講座教授)の下、名古屋の地にて日本脳腫瘍病理研究会として第1回が開催されました。その後、第15回(田渕和雄会長 当時:佐賀医科大学脳神経外科教授)からは日本脳腫瘍病理学会となり、今日に至っております。会員数は会を重ねる度に増加し、現在では、900余名の会員を擁する程の学会に成長致しました。内容も、臨床病理検討会、教育セミナー、ハンズオンセミナー等の新たな企画が次々と編み出され、脳腫瘍病理に特化した内容の豊富さは他の学会には類を見ない構成となっております。一方、国際脳腫瘍病理シンポジウムは、日本脳腫瘍病理学会総会に併せて数年に一度の割合で開催されております。第1回国際脳腫瘍病理シンポジウムは1990年に第8回日本脳腫瘍病理研究会を石田陽一会長のもとに開催致しました。昨年は、小生が第30回日本脳腫瘍病理学会及び第4回国際脳腫瘍病理シンポジウムの会長として、平成24年に名古屋国際会議場にて開催致しました。再び世界各国から脳腫瘍病理学の権威が集結し、現在の脳腫瘍病理学を直接討論して検証し、今後の展望を検討し、大変意義深いものとなりました。この会の中でも、特記すべき事項としては、

  • 第30回日本脳腫瘍病理学会記念シンポジウム特別企画として、本学会の創設者である石田陽一先生及び景山直樹先生に関わる特別講演会を企画。
  • 平野朝雄先生を筆頭に、国際的な討論会ができる精鋭を海外招待者として揃え、講演ばかりでなく、座長やコメンテーターも依頼し、学会中の企画の随所に参加する形式を登用。
  • 国内からも、脳腫瘍病理研究領域で世界的な業績を上げている日本の誇る科学者を多数招聘。
  • アジアンセッションとして、アジア各国の精鋭にその国の脳腫瘍病理の取り組みと脳神経外科手術手技について纏めていただくプログラムを設置。
  • サテライトワークショップとして、“Controversies over diagnosis of oligodendroglioma: How do you resolve them? ”と題し、欧米の脳腫瘍研究の大家と共に、日本の脳腫瘍研究の第一人者が、膝を交えて乏突起膠腫の診断のポイントを討論する場を設置。
  • JCOG脳腫瘍グループとの合同シンポジウム(Glioma Grade 3をどのように診断するか)を、企画運営としてJCOG脳腫瘍グループ共同作業でGlioma Grade 3の診断のポイントを検証する機会を設置。
  • 日本脳神経外科学会脳腫瘍関連4学会合同生涯教育セミナーとして、嘉山孝正先生の監修の下、最近御脳腫瘍病理のトピックスの講演を、新たな知見の知識吸収を企画。
  • 国際臨床病理検討会としては、参加者全員に会場内でiPadを配布し、無線LANより各演題のバーチャルスライドを各自の手元に配信し、カンファランス材料とする試みを実施。今後は、International Brain Tumor Pathology membership創設し、今後、国際学会員の登録を開始し、本学会の国際化を推進。
  • 若手の教育セミナー企画は、今回より脳腫瘍病理診断医育成委員会にて企画立案し、脳腫瘍病理の最新データを遍く網羅出来るように演題及び演者を厳選。脳腫瘍病理診断力を上げたい病理医、専門医取得を目指す脳神経外科専攻医に、1日でほぼ脳腫瘍病理の全体像が理解出来るように組織化。

 このような試みは、小生及び事務局関係者が知恵を絞って、本学会の将来像を見据えての企画立案であり、今後の理事長としての活動の基点と考えております。

 一方、本学会の機関誌は、当始は“講演集”として出発し、次いで“脳腫瘍病理”(和文)から“Brain Tumor Pathology”(英文)へと国際誌に発展し、世界でも類を見ない独自性を編み出しており、2009年にはImpact Factor(1.1)を取得しております。

 また、学会編集誌として“脳腫瘍臨床病理カラーアトラス”(医学書院)を1988年以来発刊しており、2009年にはこの第3版を発行しました。これはカラー写真・内容とも極めて高いレベルの内容を網羅しており、中国語に翻訳されたり、専門医試験のテキスト用としても定評があります。

 なお、本会は、『脳腫瘍病理』の名称になっておりますが、脳腫瘍の治療と研究に携わっている脳神経外科医、病理医が中心となり、さらに神経内科医、神経放射線科医、脳腫瘍の研究者達も関わって大きく発展してきており、脳腫瘍の形態学的研究・組織化学的研究・分子遺伝学的研究、ならびに画像を用いた脳機能解析などにより、脳腫瘍の正確な診断法と治療法を確立することを目的としています。又、最近では、網羅的遺伝子解析に基づく新たな分子標的マーカーの発見が相次いでおり、その結果、新規遺伝子診断、難病の分子イメージング開発、分子標的治療薬開発の基礎研究の発表も増加傾向にあります。

 さて、本会は2009年には学会組織として理事・評議員制を導入し、各施設で指導的立場にある会員の中よりかなり厳しい審査を経て評議員が選出され、学会としての大きな基盤ができました。2010年には新編集局長に中里洋一教授(群馬大学病理学教授)が選出され、2011年から“Brain Tumor Pathology”は年4号を定期発刊するジャーナルに向けて新たに始動しました。この様な背景の下に、新たな時代に向けて、前理事長のマニフェストを継承し、今後以下のような活動を展開していきます。

  1. 創設された脳腫瘍病理診断医育成委員会による学会の学術基盤を支える若手人材の育成を目指します。このため、脳神経外科系及び病理系各種学会との合同シンポジウム等の企画やJCOG等との共同研究推進を積極的に展開し、本邦の脳腫瘍病理学の浸透に鋭意努力します。
  2. 国際化委員会を中心に、本会の国際化を図り、International Brain Tumor Pathology membership創設し、今後、国際学会員の登録を開始し、本学会の国際化を推進します。
  3. 各種脳腫瘍病理関連国際学会との交流を推進します。まずは、既に実施されているアジア脳腫瘍学会(ASNO)との合同シンポジウムを今後も継承するとともに、若手の人材育成の国際化と国際会員の増加を図ります。
  4. 本会機関誌“Brain Tumor Pathology”年4号の発刊を堅持し、その財政基盤を確立するために、行政への働きかけを積極的に展開します。
  5. “Brain Tumor Pathology”誌を国際誌としてより普及させるため、論文投稿の全面Online化を完成させ、電子ジャーナル化を図り、掲載論文の質を向上させて、Impact Factorをさらに高めます。
  6. 本学会COI委員会を通じて情報開示を推進し、学会運営の透明化を図ります。
  7. 本会の法人化に向けて準備を進めるとともに、一般社団法人日本脳神経外科学会におけるサブスペシャリティー内での地位の向上に務め、脳腫瘍関連4学会内での確固たる活動基盤を増強させます。
  8. ホームページを定期的に刷新し、より質の高い広報活動を展開するとともに、英文表示を併記し、国際化に対応します。
  9. 脳腫瘍病理に関連のある地方会の相互のネットワークの樹立を目指し、会員相互の地域間での交流の強化を目指すとともに、会員の増加を目指します。
  10. 国際脳腫瘍病理シンポジウムの併催を定期的に実施推進し、International advisory boardの更なる充実を図ります。
  11. “脳腫瘍臨床病理カラーアトラス”を必要に応じて、第4版の刊行を目指します。
  12. 本会会員名簿の更新を進めます。

 このようなたくさんの試みも、会員の皆様のご支援があって始めて実を結ぶものです。本会の趣旨にご理解を戴き、会員の皆様による本会への積極的御参加とご支援を賜りますようお願い申し上げる次第であります。どうかよろしくお願い申し上げます。

2012年5月吉日
日本脳腫瘍病理学会
理事長 若林 俊彦
(名古屋大学脳神経外科教授)

トップへ戻る

 
日本脳腫瘍病理学会役員名簿

名誉会員

生塩之敬
熊西敏郎
久保長生
久保田紀彦
倉津純一
高倉公朋
田渕和雄
中里洋一
長嶋和郎
西本 詮
堀 智勝
松谷雅生
山下純宏
吉井興志彦
吉峰俊樹

故)石田陽一
故)景山直樹
故)田中隆一
故)福井仁士
故)松角康彦

功労会員

有田憲生
大浜栄作
柴田尚武
田所 衛
堤  啓
野村和弘
橋詰良夫
橋本信夫
松井孝嘉
柳下三郎

故)小川勝士
故)川野信之
故)田中順一

顧問

吉田 純
河本圭司

理事長

若林俊彦

理事

淺井昭雄
安倍雅人
有田和徳
岩城 徹
植木敬介
上羽哲也
大西丘倫
岡 秀宏
嘉山孝正
川俣貴一
隈部俊宏
栗栖 薫
黒岩敏彦
小森隆司
齊藤延人
佐々木 惇
渋井壮一郎
澁谷 誠
杉田保雄
杉山一彦
園田順彦
高橋 均
竹島秀雄
田中伸哉
田宮 隆
寺本 明
冨永悌二
中田光俊
永根基雄
難波宏樹
西川 亮
橋本直哉
平戸純子
廣瀬隆則
廣瀬雄一
藤井幸彦
藤巻高光
松野 彰
松村 明
村垣善浩
横尾英明
吉田一成

評議員

藍原康雄
秋元治朗
浅野研一郎
阿部竜也
荒川芳輝
石内勝吾
石川栄一
泉山 仁
泉本修一
市川智継
上松右二
柿田明美
影治照善
北井隆平
栗本昌紀
黒瀬 顕
児玉良典
五味 玲
佐々木 光
佐藤一史
柴原純二
新宅雅幸
周郷延雄
鈴木 諭
鈴木博義
高野晋吾
高橋 潤
立花 修
谷野美智枝
継 仁
角田 茂
中嶋安彬
中洲 敏
中村英夫
夏目敦至
鍋島一樹
成田善孝
西岡 宏
新田 雅之
長谷川光広
平野宏文
船田信顕
本間 琢
程塚 明
増井憲太
丸野元彦
丸山 隆志
宮田 元
武笠晃丈
矢野大仁
山崎文之
吉野篤緒
鷲山和雄
渡邉学郎
渡辺みか

トップへ戻る

 
学術研究会開催一覧
会期開催地会長国際脳腫瘍シンポジウム
第1回 昭和58年 名古屋 石田 陽一
第2回 昭和59年 東京 景山 直樹
第3回 昭和60年 岡山 山下 純宏
第4回 昭和61年 東京 髙倉 公朋
第5回 昭和62年 神戸 河本 圭司
第6回 昭和63年 仙台 熊西 敏郎
第7回 平成1年 東京 福井 仁士
第8回 平成2年 大津 石田 陽一 第一回
第9回 平成3年 山形 長嶋 和郎
第10回 平成4年 新潟 西本 詮
第11回 平成5年 東京 吉田 純
第12回 平成6年 福井 久保田紀彦
第13回 平成7年 熊本 生塩 之敬
第14回 平成8年 東京 久保 長生
第15回 平成9年 佐賀 田渕 和雄
第16回 平成10年 福岡 田中 隆一
第17回 平成11年 前橋 中里 洋一
第18回 平成12年 名古屋 吉田 純 第二回
第19回 平成13年 東京 松谷 雅生
第20回 平成14年 広島 栗栖 薫
第21回 平成15年 東京 堀 智勝 第三回
第22回 平成16年 新潟 高橋 均
第23回 平成17年 東京 寺本 明
第24回 平成18年 沖縄 吉井與志彦
第25回 平成19年 熊本 倉津 純一
第26回 平成20年 東京 吉峰 俊樹
第27回 平成21年 福岡 岩城 徹
第28回 平成22年 大阪 黒岩 敏彦
第29回 平成23年 東京 渋井壮一郎
第30回 平成24年 名古屋 若林 俊彦 第四回
第31回 平成25年 東京 松村 明
第32回 平成26年 徳島 廣瀬 隆則
第33回 平成27年 香川 田宮 隆
第34回 平成28年 東京 吉田 一成
第35回 平成29年 宇都宮 植木 敬介
第36回 平成30年 東京 小森 隆司 第五回 会長 若林俊彦

トップへ戻る

 
ジャーナルのご紹介

Brain Tumor Pathology

Brain Tumor Pathology日本脳腫瘍病理学会の国際学術機関誌です。
脳腫瘍、特に脳腫瘍病理に関する最新の基礎研究、臨床研究の原著、症例報告、短報、総説を掲載しています。投稿には学会員である必要はありません。インパクトファクターも獲得しました。続きはコチラから

刊行物のご案内

脳腫瘍臨床病理カラーアトラス

脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 脳腫瘍に携わるすべての医師の定番書、WHO2016と最新知見を盛り込み全面改訂!
脳腫瘍の臨床像と病理所見を、大判かつ美麗な写真と簡潔な文章により見開きでコンパクトにまとめた、定評あるアトラスの改訂第4版。専門医を目指す若手からベテランまで、脳腫瘍に携わるすべての医師必携の書。編集:日本脳腫瘍病理学会。編集委員:若林俊彦・渋井壮一郎・廣瀬隆則・小森隆司

学会の歴史
1983年
日本脳腫瘍病理学会の全身である脳腫瘍病理研究会が、日本神経病理学会のサテライト研究会として発足
1988年
「脳腫瘍カラーアトラス」(石田陽一教授の監修)が医学書院より出版
1997年
日本脳腫瘍病理学会独立した学会となって組織化された。機関誌「脳腫瘍病理」が英文誌“Brain Tumor Pathology” となる
2009年
Brain Tumor Pathologyに初のインパクトファクターを獲得
事務局お問合わせ

日本脳腫瘍病理学会事務局

〒466-8550
名古屋市昭和区鶴舞町65
名古屋大学大学院医学研究科脳神経外科内

TEL:052(744)2355
FAX:052(744)2361
E-mail address
nouge-jimu3@med.nagoya-u.ac.jp