日本脳腫瘍病理学会

The Japan Society of Brain Tumor Pathology

日本脳腫瘍病理学会

 日本脳腫瘍病理学会は、1982年にウィーンで開催された国際神経病理学会の際に、石田陽一教授(群馬大学病理学)、景山直樹教授(名古屋大学脳神経外科)、吉田 純先生(名古屋大学脳神経外科)と河本圭司(関西医科大学脳神経外科)の4人が同じテーブルで食事中、日本に脳腫瘍病理の研究会を設立しようという話が持ち上がり、1984年に研究会として発足しました。その後、1997年から“日本脳腫瘍病理学会”として発展してまいりました。

 本会は、脳腫瘍病理の名称になっておりますが、脳腫瘍の治療と研究に携わっている脳神経外科医、病理医が中心となり、さらに神経内科医、神経放射線科医、脳腫瘍の研究者達も関わって大きく発展してきました。脳腫瘍の形態学的研究・組織化学的研究・分子遺伝学的研究、ならびに画像を用いた脳機能解析などにより、脳腫瘍の正確な診断法と治療法を確立することを目的としています。又、最近では遺伝子診断、分子イメージングの開発も進められています。

 
What's New
 
イベント情報

第37回 日本脳腫瘍病理学会

会期
2019年5月31日(金)~6月1日(土)
会場
愛知県産業労働センター(ウインクあいち)
会長
廣瀬 雄一
(藤田保健衛生大学 医学部脳神経外科
 主任教授)
副会長
安倍 雅人
(藤田保健衛生大学 医療科学部病理学)
URL
http://btp37.umin.jp/

第36回 日本脳腫瘍病理学会

会期
2018年9月25日(火)~27日(木)
会場
京王プラザホテル
会長
小森 隆司
(東京都立神経病院 検査科 部長)
副会長
村垣 善浩
(東京女子医科大学 先端生命医科学研究所
 先端工学外科学分野/脳神経外科 教授)
URL
http://btp36.umin.jp/

 
ジャーナルのご紹介

Brain Tumor Pathology

Brain Tumor Pathology Brain Tumor Pathology は日本脳腫瘍病理学会の国際学術機関誌です。脳腫瘍、特に脳腫瘍病理に関する最新の基礎研究、臨床研究の原著、症例報告、短報、総説を掲載しています。投稿には学会員である必要はありません。
2018年6月発表のJournal Citation Reportで過去最高のImpact Factor=2.535を獲得しました。
続きはコチラから

刊行物のご案内

脳腫瘍臨床病理カラーアトラス

脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 脳腫瘍に携わるすべての医師の定番書、WHO2016と最新知見を盛り込み全面改訂!
脳腫瘍の臨床像と病理所見を、大判かつ美麗な写真と簡潔な文章により見開きでコンパクトにまとめた、定評あるアトラスの改訂第4版。専門医を目指す若手からベテランまで、脳腫瘍に携わるすべての医師必携の書。編集:日本脳腫瘍病理学会。編集委員:若林俊彦・渋井壮一郎・廣瀬隆則・小森隆司

事務局お問合わせ

日本脳腫瘍病理学会事務局

〒466-8550
名古屋市昭和区鶴舞町65
名古屋大学大学院医学研究科脳神経外科内

TEL:052(744)2355
FAX:052(744)2361
E-mail address
nouge-jimu3@med.nagoya-u.ac.jp